あいかわらず大変すぎるルアーづくり

今年停滞中のルアーづくり。

起きてる現象に対して、それが要因だったんだなあとか、いろいろ掘り下げてたけど、そろそろ作れるかなあっていう状況だと思ってる。ルアー欲しい人がいるのかはわからないけど(笑)ダイペンとか細身のポッパーとかが人気なんだろうなあとは思う。

 

強度とレスポンスのバランスがあって、気持ち的にここがブレやすい。サメに齧られても傷つかない強度とかいるのかなあとか、使用不可になるような強度じゃなければ塗装はある程度もてばいいのかなあとか。塗装はたぶん気分の問題で、無塗装でも問題なく釣れる。

レスポンス重視verと、強度重視ver2種あってもいいかもなあとか思ったり。いつも通り日々迷走(笑)ver.2暫定はレスポンス重視だけど、基盤取り付けをかなり強固にしてるので、基盤が取れることはほぼないと思う(在庫なし)。

 

初期よりは作るのがうまくなってるじゃないかとは思うけど、考えることはたくさんありすぎて、めんどくさくて、面白い。作り方の理解が進むほど、より手間がかかるようになってる気がする、次作ろうと思ってるポッパーにいつたどり着くんだろ(笑)

 

日常の釣りは磯でスマ釣ったり、カヤックでオオメカマス釣ったり。

生活感あふれる写真(笑)

オオメカマスは普通のカマスの味でうまくて魚体がでかい(これで1.5キロぐらい)から、釣れるとかなりラッキーな感じ。カヤックはなにか変なものが掛かって、うまく掛かってなかったのか外れた後にジャンプしてる魚体が見えたけど、たぶんカジキだった。次は釣りたい。

暑いときはカヤックとかひきこもり作業

現在のやる気とアサイチ起きるのが辛いから、そういう時はカヤックに。

休日と海のタイミングがやっとあってきて、半年ぶりぐらいにやっと行ける雰囲気になってきた。

行けると釣果ゼロになる確率は低く、やっぱり癒される。魚種は選べない。

アカハタ、食べごろサイズのGT、スジアラ、アザハタ、でかいオジサン、オオモンハタなど。言うほど釣れてない(笑)

 

潮は大きいのに流れはほぼないので、60-80mラインの2-5mぐらいの瀬をピン打ち。80,160,260Hzがあるとやっぱり便利ではある。流れあったら難しいだろうなあ。ピンにスムーズに落とすために、ジグ重くとか形状とかいろいろ考えて使用。それがうまくいってるのかはわからない(笑)

 

気持ち的に癒されたので、磯に行ってみたら、思ったより激流で雰囲気がいい。TLM145でシイラポロリとかツムブリポロリとか短時間でポロリ多数だった(笑)

今度は日を置いて相方と行ったら、相方がシイラキャッチ!魚釣ったのかなり久しぶりだったみたい。

この日はギリ届きそうな範囲でカジキのジャンプ!いつか掛かることを祈ろう。

10PROの代わりに10140ちょいカットΦ30-10仕様でやってるけど、PE4、10000スプールクラスなら、トラブルほぼなくいい感じ、10proよりはやわらかいけど許与範囲。FCL離れしていくか~。

 

梅雨の間の引きこもり作業で製作した、TLM190ver.2暫定は、以前に予約キャンセルした人たちに連絡して返信あった人には発送済み。暫定だけど、いいと思う人はいると思う。

前作よりは飛距離が出やすくなって、動きがマイルドになっているけど、みんないろいろ思うところがあるようで。現段階では意見を聞くほど余裕がない、日々いろいろ必死だから(笑)

次の作業的、形状的、素材的改良案を思いついてるから、ボチボチ取り組んでいこう。暫定から完成に向かう予定。これでやっと落ち着く?

他の意見に左右されず、自分の感覚を大事にまた改良しよう。

10PRO三段活用

GW前、丁度いい潮回りだったので、久しぶりのマイポイントに。

予想通りのタイミングで激流になってきて、これは期待できるかもって思ってたら久しぶりに見たやる気満々の真っ黒カスミチェイス。3投目にヒットして寄せてたら、バッド折れ(笑)そんなに立ててないけど、過去の傷だろうなあと思ってる。Uc10pro2016さようなら。

 

まだまだ激流で釣れそうな気配がしてたけど、強制終了。家帰って別のロッド持っていこうと思ったら、風がかなり強く吹いてきて、もうダメだった。

 

折れた10PRO、パーツ取り用に移行(fcl音信不通)。ガイド使って10140ちょいカット作ろ。

ティップブランクは生きてるので(印籠抜けないけど(笑))、折れた部分と組み合わせてジギングロッドでも作ろうかなあ。前の旧10proティップで作ったキャスティングロッドもいい感じだったし。

グリップはライン巻き用に。

10PROは折れても余すところなく使える(笑)10PEXHを楽しみにしてよ。

ロッド折ったりケガするとGTが釣れる

GWに毎年恒例の3倍体が遊びに来たので、ひたすら釣り遊び。

初日はイマイチで、3倍体がサメ釣ったり、おれのサメ?ブレイク(CC POPPERさようなら)、陽が落ちてからカスミがヒットしたぐらい。

2日目は久しぶりの爆発。
最初はブレイク。ランディング中に切れたけど、バーブレスだったからGTからルアーが外れて浮いてた。
切れた短いリーダーだったけどルアー回収しようと思ってルアーつけて、ラインなじませるために沈めてたらまたヒット(笑)
しかも最初よりでかめ。覚悟とリーダーが足りなくて、寄せる途中で根ズレブレイク。勘弁してほしい。結局ルアーは回収できず。

その後に小さめGTチェイスがあったりしたけど、終わりかなあって思いながらミノー引いてたら水面爆発。絶対サメだと思った。
最初あんまり引かなかったけど、急に引き出して、これはサメに変換したなって思ってた。寄せてくるときに前のブレイクの教訓を生かして、気合で浮かせる。嫌な方向に旋回したりしたけど、うまく誘導して浮いてきたらGT!サメじゃなかった(笑)
失敗したランディングポイントに吸い込まれそうになりながら、移動してうまくランディング成功!20-30キロぐらい?リリースまで目が死んだ感じもなくてよかった。

TLM190ver.2問題ないとは思ってたけど、ちゃんと結果出てよかった。久しぶりにヨシって叫んだ(笑)

3倍体は、根ズレをうまく対処してGT15キロキャッチ!今日はすごい。

その後は大型の反応はなくなったけど、5キロ以下がいろいろなルアーでボチボチ反応。

 

3日目の朝も期待大と思ってたけど、死の海だった。小さいGT1匹で終了。

それ以降はどこも死の海だったけど、最終日のアサイチで3倍体がTLM190でGTキャッチ18キロぐらい!

自分以外でもミノーで釣れたの確認できたし良かった。釣った情報ほぼ来ないから、自分以外の人は釣れないんじゃないかと思ってた、ブレイク情報は多数あるけど(笑)

GTキャッチ後の1投目でGT魚体丸見えバイトがあったけど、それからは何もなしで終了。

 

ガイド代払ってもいいぐらいの良い結果だったと思う(笑)GT釣ったロッドはぶつけて折ったし(月1で折ってる)、最終日に3倍体は磯で滑ってケガするし、不運なことがあるとGTが釣れるみたい(笑)

タイミングがたまたま合って、人的プレッシャーを避けれたのが良かった?水温的にはイマイチで、潮流もそんなに流れなかった。

TLM190ver.2もうちょっと調整したらいけるかなあ。悪くないとは思う。

前GT釣ったポッパーはがっつり使ってみた感じなんかピンとこないので、いったん保留。別形状を作って軽く海で使ってみたら、今の気分でこれいいかもって感じがあったので、これからそれを使ってみる。

あと、でかいリールがほしい。14000番のPE8のラインキャパだと根ズレでメインが切れると見る見るうちにスプールがやせる。やっぱPE8-300mキャパクラスが欲しい。高級PENNのAUTHORITY8500かなあ。貧乏性とリールを冒険したくなるせいで永遠にステラは買えそうにない(笑)

 

タックル

10180 Φ12仕様

21ツインパ14000PG

PE8

フロロ30号

デコイ フロントリング7

ミノーはうまく進んでるような気がする

去年11月ぐらいに最後に作ってからいろいろ見直し中のTLM、やっと落ち着いた気がする。

1月ぐらいに1度できたつもりだったけど、なんか違うなあと思って作ったばっかりの型を泣きながら廃棄したり、苦悩の連続(笑)

そのままどうしたらいいかわからなくなって、予約キャンセルもした。すんません。

気晴らしに違う形状作ったりしてたら、何か閃いたような、ただ思い出しただけなのかわからないけど(笑)、改善策が思い浮かんで、良い感じに進みだした。

ルアー探求しまくって全然釣り行ってなかったけど、できた気がする新型TLM中サイズを携えて久しぶりに釣りに。新型って言えるほど、変わった感じはしないけど。

カスミはちゃんと釣れた。×2

次の週もカスミ。

その次の週もカスミ。GTはミノーな気分じゃないみたい(笑)

 

良い状態のカスミなのか、身はうまい。脂がすごい。

中サイズはショアジギロッドで普通に使えるミノーとして大丈夫な感じかなあ。急に魚をおびき寄せるような神がかった感じはないけど(笑)、気持ちいいキャスト感と程よい引き抵抗で使い続けられる感じ。

大サイズはもうちょっと煮詰める。

色々な要因でルアーの動きって決まるんだと、再認識。去年よりは知識が増した気がする。毎日試行錯誤した日々が生きてる、正直つらいけど(笑)

ルアーづくり深すぎて、マジやばい。そしていつも思うのはFCLのルアーすごいってこと。そうやって動きだしてんのかって、びびってる。メガバスの形状もいい。ルアーメーカーって改めてすごいなあと思う。

 

ポッパー試作

ポッパーなんて適当にポコポコする感じなら、何でもいいんじゃない?って極論は、頭の片隅にはあるんだけど、レンジ感とか操作性、あとは使ってて気持ちのいい音とか人間の趣味全開な感じを魚釣りながら、調整していくかって感じでスタート。

 

形状はある程度決まってたので試作分はすぐできたので、いつも通り期待しすぎないテンションで釣りに。

予想に反して運良く魚が反応してくれて、開始10分以内で小型のGTヒット。試作ポッパーで魚が逃げる感じはない、良かった(笑)

その後ミノーとかペンシルとか投げたけど反応なかったので、再度試作ポッパーに変更したら、ちょっと良さげなGTヒット。かけた場所が嫌な感じだったので、頑張ってなんとかキャッチ。推定15-20キロぐらい?

前回のGTのことがあったので、釣った魚は弱る前にさっさとリリース。目が死んだ感じがなくてよかった。

特別このポッパーがすごいから釣れたとは思わないけど、この日のGTはポッパーな気分だったんだと思う。そんな日に違和感なく使える感じだったので、悪くはないのかも。まだいろいろ調整がいりそうだけど、使える感じになりそうな予感。

 

やっぱFCL

GTの前の釣り、超ベタナギだったので遠くまでジギングに。

この日は200m当たりの狙いだったので、400-500gメイン。マタギスーパーアメリカタイプ1トップバッドちょいカット仕様のバキバキベイトでちょうどいい感じ。雰囲気上げで食う感じ?ぽかったので、FTメイン頭アシストのみ。

昼ぐらいになってやっと良い感じの魚がヒット。初魚のメダイ8キロ。ほんとネバネバ(笑)

イメージ骨硬くて身も青物っぽいのかなあと思ってたけど、骨もそんなに硬くないし、白身で味もうまいし、良い魚だった。

それにしてもFT500でハイピッチはしんどい(笑)

水深もやや浅くなったのでFT280でやってたら今日1のやつきたけど、リーダーブレイク。切れるとき結束で切れることが多い。もうちょっと結びを考える必要あり。

16号でドラグ値8キロ、糸減少量200mでさらにドラグ値プラスされてる。リーダー16号50lb≒24kg。リーダー太くしてもう少し余裕持たせてもいいかも。硬い短いロッドPE3号でジグは動かしやすいはず。リーダー太くしたら、また別の弱い部分が見つかりそうだけど。

アシストフック、ジギングで重要だけど、針先、サイズ感と重量のバランスがある程度良い感じなら、さほど気にしなくてもよい?ドラグ値に対する強度は当たり前にはいる。

アシスト製作はかなりめんどくさいので、いつもシーハンター外掛け。ジガーチェイスの叩き針だとちょっと不安もあるので、簡易かつ強度を考えるならやっぱ管付きかなあと思って、次はマルトフック使用予定。チェイスより若干太いけど、ガマのナノコートっぽいPTFEコート。よかったら良いけど。

上げ、下げ、速度とか魚が食う雰囲気つかむことが大事かも。

 

このジギングを経験しといたから、ノットについて超考えることになって、この後のGTに繋がったのかなと思ってる。まあ、次は釣りあげられるかわからないけど(笑)

GT33キロ

雰囲気良い情報があったので、ややヘビーなタックルで釣りに。

超久しぶりのポイントに行っていた。風受けるギリギリらへんでスタート。開始早々TLM100でチビカスミ。このミノーでもちゃんと魚は掛かってくれるみたい(笑)

沖寄りをダイペン引いてたら、なんかヒット。このクラスのタックルでそれなりに引く魚釣るの久しぶりすぎて、ちょっと大変だったけど、なんとか大きめのカスミキャッチ。チビとは顔が全然違う。

マズメ時になってきて、潮ゆるんだかもって思ってたら、今度はちびGTヒット。

相方も何かヒットしたけど、ポロリだった。魚に近づいてる感じ。

 

次の日も期待できるかなあと思って、頑張って釣りに。

ポッパー引いてたらダツがかなり当たってくる、ポッパー食ったダツが何かに食われた?一発ブレイク。

ダツいっぱいだしダツっぽいかなあって思う、全然釣ったことないTCPをキャスト。

3投目、話しかけられて、よそ見した瞬間、超ひったくられる(笑)バランス崩したけど、そこからファイト開始。

右沖に向かって走る、途中少しスプール抑えて負荷追加。ロッドの負荷限界ぐらい?、リフトしようとしても寄ってるのか不明だけど、頑張って巻き取る、のされない、負荷を一定にを意識。

そのまま右に旋回。右瀬際の瀬の張り出しが水中まであるからそこに到達しないよう超がんばって巻き取る。

次に左旋回、おそらく大丈夫な地形とのこと、とにかく巻く。

今度は右旋回、旋回軌道上に危険なし。このとき魚体確認。

最後に左旋回、足元ブレイクに擦らせないよう巻く、とにかく気合でなんとかする(笑)ブレイク上に魚体見えて、やっと安心。後ろから15キロぐらいって声があったし、GT久しぶりすぎてサイズ感わかってなかったけど(笑)、上がってみるといいサイズ!自己記録33キロ。カッパがGT臭い(笑)

今までのいろんな釣りの試行錯誤が少しつながったと思う。毎日のバランスディスク上スクワットの効果があったのか、最初のよそ見でバランス崩した時以外(笑)、身体的には大丈夫だった。GT釣りでよそ見したらダメ(笑)

TCP釣れるんだ。fcl教でも信じきれなかったルアーだけど、おそらく10年越しぐらいにやっと1軍入り、疑ってごめんなさい(笑)ダイペンにはないごまかしできるし、信じてみよ。

これからもFCLLABO信仰しつつ自作ルアーも織り交ぜながら、ボチボチやっていこう。

 

後々写真見て、タイドプールから出した後に魚の目が弱ってる。水中から出すと浮力がない状態になるから魚体にダメージがあったのかも。

リリース前提の場合、できるならタイドプール内で抱っこするとか、なるべく魚体にダメージないようにしよ。タイドプール内で抱っこは全身濡れるの嫌だから個人的にはないけど(笑)

 

タックル

UC10pro 2016

15ツインパワー10000pg

PE4

TCP195

y-s22 4/0

今年もFCL布教がんばろ

年末年始は雰囲気、天候的にGTは厳しいかなあと思って、いろいろな釣りに。

まずはカヤック。

風裏だったから出艇したけど、沖合は思ったより波あり。潮位差がけっこうあるときだったから、波が出た?

カヤック出たら爆釣でしょっていういつものスタンスでいったけど、全然魚いない(笑)なんとかアカハタとユカタハタ釣って終わり、貧果。ガーミンで19.5℃

 

ユカタハタは思った以上に旨かった。スジアラ系な感じ。

 

以降カヤックには厳しい天候になってきたので、ちょこちょこヒラ釣りに。

信仰心高めなので、素直にFCLルアーでやると、最近は結構反応多い。

今年の初魚はヒラ。なんか釣れてよかった(笑)

次の日も行ってみたら、自作ミノーではFCLパワーが足りないのか、ニジョウサバ。

その後、別の自作ミノーで他の魚も来たけどポロリ。それ以降回遊魚系は沈黙。

やっぱFCLかーと思ってルアー変えてヒラっぽい場所投げたら、ちゃんとヒラヒット(笑)そこまで大きくないけど、厚みがある良い個体!狙い通りに釣れてかなり満足。メス、11月末に釣った時より卵成熟。

ちょこちょこ釣りいってるけど、ルアー作ってる合間にやる感じだから、あんまり時間がないのが正直なところ。いろいろルアー作っていて、動きの出し方を理解して、TLM見直ししてるけど、うまく再調整できてるのか?作った本人ですら、わからない。良くなるようFCLに祈りながら、がんばろ(笑)

 

良いものはいつまでも使える

GTの気配というか、魚の気配がいつも通りなくなってきたので、沖の瀬に泳いでみた。

思ったより、寒い(笑)水温22.0度。1投目でヒラ出るけど、乗らない。時間おいて、再度通すとヒット。けっこう大きめ。ラパラの動きいいなあ。飛距離は全然だけど。

その後もイケガツオが尾びれスレでヒット。へんな引きだと思った(笑)

 

少し経った別の日(21.6℃)にはヒラが入ってたのか、屋久島的奇跡の同場所で3キャッチ。前日にもヒラ2キャッチだったし、久しぶりに絶滅寸前ではないヒラの気配を感じた(笑)風とか水温とかが要因?あとイケガツオは自作ミノーで多数ヒット。

ライトにすると魚はちゃんといるのを確認できた。エリアによっては、水温低いところもあり。10キロぐらいまでのいろんな魚の反応をとれて、ギリギリ獲れるようなセッティング考えよ。

 

TLMは形状いじってもっと良くするために、次の製作まではまだまだ。上記セッティング向けから作ってみて、大きくしていこうかなあ。