たぶんリップレスミノー190 完成版

興味のある方はコンタクト(https://gtumai.xyz/contact/)に連絡ください。

スイムチェック後(フロントリアともにST66-5/0(フック先端チューブ保護)、フロロ60号フリーノット)の発送になるので、わずかに傷があります。


20220802 安定感が出るよう少し調整(ver.1-1)

20220710追記 アクション動画

20220705追記 リーダーの太さについて

磯から大物狙いの定番マ〇ナムミノー200。

ブリブリ動く、瀬際までキッチリ引けるのがいいのかなあと思ってる。

じゃあ、もっと飛んで、ブリブリ動いて、瀬際まで泳いで、デカイフック載せられたら最高じゃない?をコンセプトに作成。

〇スペック

名前:TLM190(T-たぶん、L-リップレス、M-ミノー)

サイズ:約19cm

重量:約105g(フック抜き)多少前後

適正フック:st66-5/0クラス(11-12g) かなりゆっくりめのシンキング

ナイロン・フロロリーダー50-60号ソリッドリング・スプリットリング接続、フリーノット接続でスイムテスト

(20220705追記:リーダーに太さがないと結構暴れて動きが不安定。フロロ30-35号では早めの巻きで暴れすぎる印象。予測ではナイロンだと素材の柔らかさから、もっと暴れると思う。個人的にはフロロ60号フリーノットが使いやすい。)

ワイヤー:1.8mm(参考:マグナムミノー160は1.2mm、マグナム200は2.0mm)

ボデイ壊れても、魚は上がるようにワイヤ補強済

素材:発泡ウレタン+基盤リップ

発泡ウレタン製でルアー傷からの浸水による比重変化はかなり少ないから、ボディ保護よりアクション重視よりの塗装にしてる。塗装は過度な塗膜はないけど、パリパリはがれるような弱い塗装にはなってない。

5日間の釣行で新品から使ってもらった感じはこんな感じ。普段GTしない遠征者の気合ある釣行で、キャスト数は自分より多いから、参考になるはず(笑)

キャストミスでたたきつけると普通に割れるけど(笑)、ボディ強度自体もスカスカではなく、かなり詰まった感じなので、十分な強度。

名前のたぶんの要素、ちょい出し水平基盤リップのおかげで通常のリップレスミノーより足元まで引きやすい。

リップの塗装は試作の写真ではあるけど、けっこう当たる部分で剥がれることが多いから、売るときは無塗装になる。

基盤リップはしっかり固定してるから、これだけポロって取れることは少ないとは思う。

取り付け強度動画

〇アクション

半フラットサイド系ボディの反射 + 発泡ウレタンベースと基盤リップによる動きの細かさがあるから、マグナムやボアとは、動きの味付けが違うミノーになってる。

アクション動画

低速時も動くので、瀬際の誘い時にもだましやすいんじゃないかと(低速を生かしたいなら、フリーノット)。

早めに巻いたら通常のアクションに若干蛇行が加わる感じ。蛇行のセッティングは、結び目末端の残し方でも変わるシビアセッティングだから、使用時にアイ調整が必要になるかも。フリーノットで組んでまっすぐ行くよう調整はしてる。右に曲がっていくときは左に、左に曲がっていくときは右に、ほんの少しアイを曲げる。

磯からやる上で一番気になる瀬際での動きは、ちょっと水平基盤リップのおかげで普通のリップレスミノーより瀬際までしっかり巻ける感じにしてる。

高速寄りのアクションは、フックサイズを1サイズ上げると安定する。

引き抵抗はマグナムミノーより気持ち少ないような?(感覚比)

〇釣果

特に問題なく、GT・カスミは釣れてる。その他魚種への効果は近所にあんまりいないから不明(笑)

飛距離に関しては、リップレス形状だから問題なく飛ぶ。

飛距離が出る+瀬際まできっちり引ける=水中により長くルアーを置くことができる=釣れる

と思ってる(笑)

ボディに対してでかいフック載せられるから、でかい魚に安心感はあると思う。シングルフックより掛かる確率は高いはず。

〇雑記

個人的に現段階で19cmクラスのミノーに取り入れたかった要素を詰め込めたと思う。

次はやる気50%の日常用ポッパーかなあ。

ミノー1種類作るのに、ほんと時間かかった。

発泡ウレタン修行がかなり大変だった。結局2年ぐらい配合調整やらいろいろな素材見直しとかしてた。発泡ウレタンだから、型作って適当に流し込んだら終わりって感じではなかったし、木のほうが楽なんじゃないかって途中何回も思った(笑)失敗の遺物が山盛り。

形状、オモリ、渦流のこととか少しは理解できた。知識ない状態からのスタートだったから、失敗しまくった。やっとできたって思ったけど、使ってるうちにいまいちポイントが見つかって、1からやり直したこと多数で、心折れそうだった(笑)

塗装もほんとに大変。でも、ルアーづくり作業の中では一番楽しいような。

ルアーとして形にできるようになって、ルアーフィッシングで人間側が工夫できる手段をなんとか1つ増やすことができたと思ってる。

ほんとに最高にめんどくさくて金も掛かるけど(笑)、ルアー作りは面白いと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする