屋久島でカヤックフィッシング 2回目

前回のカヤックフィッシングが面白かったので、もう一度「ショアーズ」のガイドの人にお願いして、カヤックフィッシングへ。

前回思ったできない・足りてないとかの修正点

・下記の部分がうまく対処できているかを意識してやる。

・フォール中にサミング。

・着底後のクラッチ切ってハンドル回すまでの動作を早くする。根掛かり対策。

・100gのジグ追加。

・ランディング、〆、クーラーに入れるまでを自分でする。

・漕ぐ動作に慣れる。蹴り足がキモ?

・パドリングをしっかり前から後ろまでする。

釣り開始

朝8時ぐらいから出艇。

港から出て、10分ぐらいでポイントへ。水深30-40mぐらい。ジグしゃくってたら、早速ヒット。

ナンヨウカイワリ。めちゃくちゃよく引くなあと思ったら、背掛かりだった。

脳締めして、サメいないかなあと思いながら恐る恐る血抜きして、クーラーに無事入れることができた。カヤックの安定感にまだ慣れてなくて、後ろに振り向くのがまだ怖い(笑)

その辺ではツムブリの群れのチェイスとかあったけど、反応は無くなったので、隣の岬までパドリング。

次の水深は60m位。何か所か打ってると、着底と同時に何かヒット。全然引かないし、大きめのオジサンかなあと思ってたら、オオモンハタ50cm位。普通に嬉しい。

以降は何もなく終了。

ガイドの人は、オオモンハタ、アカハタ、ナンヨウカイワリ、カンパチを釣ってた。腕の差だと思う(笑)

結局いろいろ魚はもらってたっぷりのクーラー。

タックル

前回と同じタックルで

ロッド:メジャークラフトスロー向きmax160g6.3フィート(いまだに名前が覚えられない)

リール:アベットsxj5.3

ライン:mx4 2号

リーダー:12号2.5ヒロ(長さに特に深い意味はない)

イマイチスロージギングっていう物を理解してないので、ガンガンしゃくりたいって気持ちになるけど、ロッドが柔らかすぎてできない。

もうちょっと長めのロッド使って、しゃくり幅を増やした方がカヤックだとやりやすそう。あと、リールの巻き取り量が遅くて(75cm)、ちょっとやり辛い。しゃくり幅増やすとリールの巻き取りも早くした方が快適だから、買うならロッドとリールセットで買うかなあ。

カヤックフィッシングを2回やってみて

今回も、そんなに遠くまで漕ぐのとか、そんなに沖まで行くとか自分の予想していた感覚とは違って、あいかわらず面白い。景色もいいし。

前回やった後に思った修正点はおおよそうまくできてたと思う(釣りだけ)。

フォール中サミングと着底後の動作を早くしたことの影響か運か判らないけど、今回は根掛かりは無かった。

60m以深では細身のジグ100gでフォールスピード早くして対応したけど、120-150gのジグがあったほうがやりやすいかも。

ランディング後の対処はなんとかうまくできた。カヤック買ったら、一度平水域でどのぐらいまで安定できるかをみたほうがいい。

漕ぎに関してはまだまだ。なんとなく蹴れてるようなできてないような感じ(笑)色々意識する事が多い。

とりあえずガイドの人と一緒にある程度の回数をこなしてから、一人で行けるようになろう。値段にビビって、カヤックまだ買えてないけど(笑)