ゴールデンミーン パックマン PMS-610L インプレ

ライトルアー(max5g)のパックロッドが欲しいなあと物欲がうずいて購入(笑)

探した条件は、

スポーツライン60TL(リンクはインプレ)より硬い

・継ぎ竿

・重量100g付近まで

・仕舞寸法55cm以内

・6フィート付近

・予算15000円以内

という感じ。

最初はトラウトロッドかなあと思って、ダイワのワイズストリームが有力で、60TL買おうと思ってたら、気付いたら買う予定の店から在庫が無くなって、amazonでも1-3ヶ月で入荷っていう微妙な感じになってしまった。

後、自分のイメージだけど、トラウトロッドはかなり柔らかそうなイメージだし(20年前の知識)、現物を触る事が出来ないって理由もあったから、却下。

スポットにドンドン打ち込んでいくバス釣りのようなイメージなので、やっぱバスロッドかなあと思って(雑)、色々検索。

候補になったのは、

・パックマン PMS-610L

・アブ ホーネットスティンガープラス スピニング

・メジャークラフト ベンケイ 適当な番手

・ジャストエース TPJ-634ML

・マグナムクラフト PⅤ7625のバッド側のピースを1つ減らして使用

の5つだったと思う。

なるべく軽くて硬いロッドがいいなあ=ガイドはチタン!+ハンドル回りも軽量!

→ロッドビルドしかない!とか妄想したけど、めんどくさいと思って、却下(笑)予算オーバーだし。

あとは、ブランドイメージ(笑)でゴールデンミーンならまともかなあと思って、購入。バスロッド買ったの14年振りぐらい。

使用感

リールは05バイオ2500(240g)。重さは公表値102gで実重量は102.57g、ちゃんと表記通り。

使用した感じは、スポーツラインよりちゃんと硬く、キャストした時にあった曲がりすぎる感じが薄い。なので、ルアーの打ち込みがかなりしやすい。振り出し式と継ぎ式の違いからくるものもあるとは思う。

操作感は、6フィート10インチの長さと重さのバランスから、片手だとちょっと扱い辛い感じだけど、使用ルアーも小さいからそこまで問題はない。リール軽くしたら、もうちょっと楽かなあ。

魚釣った感じは特にない、対象小さいし、巻けば揚がるから(笑)

気になった点は、ガイド径の小ささ。

今時のバスロッドってこれが一般的?勝手にΦ6ぐらいのが付いてると思ってた。まあ、時代の流れと思ってる(笑)PE0.6号-フロロ1.5号FGでやると、やや抜けが悪い。

あと、振り出し式と比べると、やっぱ藪漕ぎがし辛かったなあ。

今のところ不満はないけど、fcllaboで仕舞寸法55cm以下のライトロッドでたら、反射的に買うとは思う(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする