やっぱGTにはベイト(笑)

いつもの気まぐれが発動して、第5次ベイトブームが襲来(笑

1年ぶりに投げてみたけど、普通にキャストできた。ちゃんとセッティング決めたまま、ブームを終了してたオレがんばってた(笑

今回はスタードラグスタートで。

擦られそうな地形でやるGTに関して、どうしたらいいのかなと悩み、つい1週間前はドラグ12キロ掛けるとか言ってたけど、気づいたらベイトでロングリーダーに(笑

かなり高いテンションで擦られるとかなり太くてもやっぱ切れるなあとか、そんなにドラグ値あげて、耐えられる?とか考えてたら、やっぱベイトでしょ!っていうここ5年ぐらいずっと同じパターン。

リーダー素材はDMVとフロロで検証した。運良く魚が掛かってくれたから、いい検証になった。

○ナイロン(DMV)

使ってみた感想。GTはヒットしたけどブレイク。サイズは不明。

・合わせきかない

・魚寄らない

・ルアーを動かしにくい

・DMV意外と根ズレに弱い

ナイロン伸びすぎ。沖で掛けたときに合わせてもゴムみたいだし、瀬際で寄せようとしても全然寄らないしで、使いにくかった。オレの使い方では魚に対してプレッシャーを掛けれないなあと思った。伸びるからルアーも動かしにくい。

瀬際で瀬に擦られて、そのときは切れなかったけど、その後に再度旋回してテンションが掛かったときに切れた。このあと、フロロでGT掛けて同じ場所で擦られて、同じように旋回したけど、そのときは切れてないっていう点から、磨耗性に関してはフロロが間違いないとは思う。太さの違いはあるから絶対ではない。

号数が変われば、また印象が変わるとは思う。

○フロロ

素材的に伸びは少ないし、ナイロンで気になったところをカバーできないかなあと。

使ってみて思った事。GTは2ヒット1キャッチ1ポロリ。

・伸びが少ないから、ルアー・魚共に操作性がある

・根ズレに対しても、DMVより強い。

・硬さがある分、スプールの収まりがナイロンより悪い。

魚を寄せたいときに寄せれたし、根ズレしたけど、それにリーダーが耐えてランディングまで成功した。PE世代としては、リーダーがナイロンよりは使いやすいし、使ってて楽しかった。

リーダーを巻き込む時、指でテンション掛けて巻いた方がキャストのトラブルが少ない印象。

この検証時に釣れた魚。

GT20キロぐらい(持った感じの推定)

ポロリしたGTも同サイズぐらい。

カスミ

初魚のスギ。デカいエイが泳いでたから、それに向かって投げたらスギが何回もチェイスしてヒット。

全部の場所でベイトでやる必要はないけど、使い所を考えて使っていこうかなあ、たぶん(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする