カルディアKIX 3000 ドラグワッシャー交換

17エクセラー3000を購入して、カルディアKIXのスプールが再利用できるようになったので、ドラグワッシャー交換。

カルディアKIX、たしか10年前ぐらいに買ったけど、いまだに巻き心地スムーズ。特にゴリ感無しで絶好調だけど、17エクセラーと比べると、ハンドルが短い。

リールサイズ的にはいいけど、もう少し巻きを強くしたいなあと思うので、ハンドルが長い17エクセラーに変更。

14カルディア4000とカルディアKIX3000のワッシャー比較

14カルディア4000が余っていたので、そこからドラグワッシャーをそのまま移植してみたら、普通にぴったり。

特に、ワッシャーの厚みとかの誤差もなく、ポン付けできた。

スプールのワッシャーの設計が世代ごとに、差が無いって事にびっくり。ダイワのドラグの進化の仕方は、構造ではなくて、素材による進化なんだなと実感。

14カルディア4000と互換性あり

ヘッジホッグスタジオの対応表より、UTDドラグリペアキット9をカルディアKIXに使用する事が可能。

KIXなどのREAL4世代のドラグ変更できるようになる!

REAL4世代のリールのドラグ改善

ドラグは元々最悪だったけど、かなり改善した。

ダイワのUTD前のドラグは素材がイマイチだったのか、ドラグ設定値に対して、少し設定より高くなってから滑るし、引っ掛かりがある感じだった。

これに関してはソルティガZも同様の症状がある。でかい魚釣りでこの症状があったら、ほんとキツイ。ドラグ8キロ設定でまだドラグ出ないの?って思ったこと多数(笑)、ちょっと身体持っていかれたりして、ほんとに危険。

変更後は、滑らかに滑るようになり、ライン設定もシビアに出来るようになった。

安くて使い勝手が良いリール

互換性があるっていう点では、替えスプールを安く済ませたいなら旧世代のリールもバカに出来ない。

巻き剛性とかが必要になる、中型サイズ(ダイワ旧4000、新6000)は最新の方がいいとは思うけど、そこまででかい魚(1mぐらいの魚)をターゲットにしない釣りのリールを買う時は、旧世代もアリなんじゃないかと思う。

自分は17エクセラー3000より小型なリールに、us daiwaのエクセラーLT2500XHを買って、説得力はない(笑)