FCLLABO UC10PRO 2016モデル

初代モデル購入してから8年ぐらい経ったので、新モデルを購入してみた。

初代モデルの雑な感想

グリップはUC10より太く感じた。
リールはツインパワー10000-14000クラスを合わせてみたけど(スプール径:66-67.6mm)、バッドガイドがΦ40のRVガイドなので、
キャスト時の干渉も少ない。キャタリナ5000クラスでも同様の感想になるとは思う。

トップがΦ10なので、あまり太いリーダーは入れない方がいいかもとは思ってる。入れるなら、80lbぐらいまでかなあって予想。

バランスは650gのツインパワーをつけて、フロントグリップ先端からリールシート側に5cmぐらいのとこらへん。持ち重りとかは特に無し。

キャスト感は、振り抜きスピード上げただけルアーが飛んでくれる感がする(笑)要、全力キャスト練習。
使用したルアーは、今のところ30-90gのプラグだが、30gクラスは無理やり投げてる感はある。(ノットはトップガイド外)

HRTM135Aも投げられたので、遠征先で楽しめそう(笑)
HRTM135A(フック込で35gぐらい)とオシアスポウター120(55gぐらい)で、飛距離はそんなに変わらん。
40gぐらいのペンシルをフルキャスト後にドッグさせてみたけど、ティップまでガッチリ硬いので、楽勝で操作できる。手首は辛くなるけど(笑)

サーフェスクルーザー200をぶん投げてみたけど、飛びすぎ。操作もしやすい。
サーフェスクルーザー、サーフェスブル150とかをフルキャストしたら、普通に80mぐらいは飛びそうな勢い。

結構硬い部類だと思うけど、いままでUC使った事あるんなら、全然問題ないとは思う。むしろ大歓迎な硬さ(笑)
説明書きには、リフトは5キロでテスト、ドラグマックス10キロとなってた。

ドラグそれだけ掛けれるなら、普通の場所なら、20キロぐらいのGTならいけるんじゃないって思う。
まだ、ツムブリしか掛けてないから、おそらくだけど(笑)

ベイトモデルもあるけど、このロッドだと初速がかなり出るから、かなりシビアになりそう。
LDでやったら、さらに難しいじゃないかと思う(他人事)

2016/08/08 追記

GT7-8キロぐらいのが釣れたので、その感想。

ドラグ8キロぐらいでやったらあっさり上がった。ドラグは出てない。
曲げてからのトルクが強いのかも?
10-15キロクラスもかかって、頭制御できて足元まであっさり寄せられた。ただ、寄せる場所間違えて、ブレイク。これは、完全におれのせい(笑)

まだまだでかいサイズがいけそうな印象。

20180308 追記

去年のトカラで釣ったGT10キロぐらいと20キロぐらいは、問題なく上がった。

たしかドラグ8キロぐらい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする