ちゃんとショアGT

やっと安定してきたベイトタックルでGT狙いへ。

ベイトタックル構成

 
結局、ミュートス100HHHに戻った。

リーダーもジンガサトラップに良くやられてフロロだとお金が掛かりすぎるので、かなり前に買ったアドミックス石鯛に変更。


そんなにポンド数を上げないし、ファイティングリーダー入れるし、これでいいんじゃない?DMVで、500mで3000円ぐらいで安い。
とりあえず10mぐらい入れたけど、当然問題ない。むしろフロロより腰がない分、ラク。
こんだけ入れて、28-50gぐらいのルアーが50-60m飛ぶし十分。今は、フリックショット大3小1、マグネット大量ってブレーキシステム。

やっと釣りに到達(笑)

セッティングが決まってきたので、やっと釣りしてる感が出てきた!
2ヶ月前は、バックラ7:釣り3、今はバックラ2:釣り8ぐらい。ほんと何しに行っとるかわからんレベル(笑)

GTキャッチ!

キャスト回数が増えたせいか、ちゃんとGTも答えてくれて、


たぶん10キロぐらい。

地味にベイトで獲ったの初。
意図してないところで ラインシステムがいい感じに機能したのが、おもしろい。
LEXA400を買う寸前だったけど、レバードラグはやっぱ使えるってわかったので、また購入は見送り。

ベイトはおすすめしない(笑)

たぶんまだベイトでやるけど、大変すぎるから、ベイトGTはやっぱおすすめしない(笑)

ちゃんと釣りがしたいなら、セッティングを決める作業を確実にこなしてから釣りをしないと、ルアーが飛んでいって大量消費だったり、バックラ直しで釣りする時間がないとか非常に残念なことになる(笑)

コメント

  1. テル・ザ・シェフ より:

    あら、釣れてるじゃありませんか!!
    ベイトキャスティングは面白半分で手を出すと絶対挫折しますよね(苦笑)
    一長一短なので、ちゃんと使う理由を明確にした上でならアリでしょうが(笑)
    僕も使ってて思ったのですが、ヒラマサやカンパチ相手の方が向いてるんじゃ?
    あとは、リーフのスリットのピン撃ちには適してると思います。

  2. おもしろ半分で手を出した結果、ベイトでGT釣るまで時間がかかりすぎました(笑)
    なにげにメリットはあるんで、使い続ける価値はありますね!