ベイトに関する研究

ここ最近ひたすらベイト。
ほんとなかなかうまくいかなかたけど、すこし安定してきた。
ルアーの形状
スプールの糸巻き形状
糸巻き量
たぶんこのへんがキモ。
あと、キャタリナ純正ブレーキかなり摩擦力が弱いので、軽量級ルアーをメインにするなら、フリックショットorマグネット改造必須かも。
ハンドレベルワインドって、レベルワインダーなしのリールを使う上で一番のハードルだけど、そこまで必死にしないほうがむしろ自分にキャストにあってる。
たぶんラインシステム変えたら、ここも変わると思う!
最近のラインシステムはPE6号150m、PE8号50m、リーダー12mぐらい。
最初の50mがバックラ、サミングで痛みすぎるから、さっさと取り換えることができるように変更、PEどおしのノットなんかほぼ関係なく飛ぶし、今のところいい感じ。
魚はなかなか反応しない。まあこんなもんか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 三倍体 より:

    それなら余りの8号あげたのに〜
    次会った時までベイト続いてるか分からんけど(笑)

  2. 今のところ続いとるけん、まだ余っとるなら頂戴!