GTラインシステム考え中

前回のブレイクがあまりに悔しすぎたので、ラインシステム検討中。
その前のブレイクもあったけど、結局あいつらが食うのはマズメを除いたら、ほとんどが瀬際メイン。
そう考えると、瀬際までの距離を考えて大体20mぐらいをすべてリーダーにしたらいいんじゃないと考えた。
キャスト感、操作性、ラインの痛みとかはショートロッドのショートリーダーシステムがいいけど、やっぱ足りないわ。
最低ポンド数はやっぱ100lbはほしいけど、その太さのナイロン、フロロをそんなにリールに巻き込んだら、
ある程度の重さがないと飛距離の損失が大きい。
そう考えて、シーハンターの20号(100lb)を12mぐらい、先端に130lbのナイロンを入れて、テスト。
リールは安定のスピンフィッシャー7500SSV、ロッドは80EXT、メインPE6号。
peとシーハンターはFG、シーハンターとナイロンは電車結び。
50-90gぐらいのルアーをキャストしてみたけど、飛距離は90gクラスならまだなんとかって感じだが、50gクラスはちょっとしぶい。
システム自体はこれでいってみるけど、まだ完成じゃないな。
結局こいつの購入かな~
なにげにSVSブレーキっぽいのついてるし、ありじゃない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 三倍体 より:

    SSアシストたくさん入れてた時に思ったけど、先端ナイロンやとラインの比重で足場が高いとキツイよ〜
    先端フロロで無理矢理沈めると、けっこう小さいルアーも無理矢理動かせる(笑)

  2. 魚類 より:

    セータさんは瞬間的な対応や巻き取り速度がスピニングに劣るって悩んでるね
    リールが上向きのベイトは保持しにくくて力が入り辛いらしいよ
    最近は殆どをスピニングでカバーするようにしてるらしい
    聞いた話やから、実際の細かい部分は知らんけど・・・
    オフショア用GTロッドに30000番で良いやろ(笑)

  3. トウヨウコシオリエビ より:

    元祖
    シーハンターをリーダー悪くないね。先端ナイロンの意味ないけん、フロロにしたらやりやすいな!
    魚類
    そうなんや、まあとりあえずやってみるわ!前回より使える環境が近いけん、もうちょっと扱えるようになるはず(笑)