ベイトタックルを使って思ったこと

先週の釣りでは釣れなかったけど、ベイトでキャスティングはけっこうしてみた。
・色々な投げ方をしてみたけど、一番安定したのは結局、新名さん投げ。現場では振りかぶれない場面があったので。
・バックラッシュをしたときのラインの痛み方が、PEではひどい。PE8号にしても結局痛む。
PE8号を220mぐらい巻いたら、こんな感じ。

・バックラ+根ズレ対策に、ADMIX 石鯛 18号を、メイン、リーダーの通しにしようかなあと思ったり。
・使い始めて一番ネックだった、ハンドレベルワインドも今では普通になった。
・キャスト可能なグラム数は、45~90グラムぐらい。たぶんロッドをもう少しマイルドにしたら(レイジング1など)、もう少しいけそう。
・リーダーは、やっぱ短めのほうが引っ掛からなくていい。
そんなこんなでめんどくさいし、制限も多いけど、バス釣りのときといっしょでベイトタックルはやっぱ楽しい。

今年はこいつであれでも釣りに行こう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 三倍体 より:

    リールより三岳に興味がある(笑)
    ベイトはやっぱりスプールの隙間から中に水入る?

  2. zazen7 より:

    三岳がうますぎる通算3本目や。
    スプールの隙間から水入るけど、ドラグ部分には入らん。ギアには海水かかっとるかもしれんけん、毎回グリスさすつもり。